核酸とアンチエイジング

活性酸素が体の中で細胞や遺伝子を傷つけることによって、老化を促進し、病気の原因にもなるといわれています。

アンチエイジングといえば、抗酸化・活性酸素対策などの商品が多く出回っています。

活性酸素により傷つけられた細胞を修復し、正常な状態を保ってくれるといわれているのが核酸です。

遺伝子や細胞を傷つける活性酸素を発生させる原因

  • 激しい運動
  • ストレス
  • 喫煙
  • 電磁波
  • 紫外線や放射線
  • 水道水の塩素やトリハロメタン
  • 食品添加物
  • 排気ガスや大気汚染
  • 残留農薬

傷ついた細胞を修復することは、老化を防ぐ上でとても大切です。

年齢を重ねるごとに、様々な臓器が衰えていくので、細胞修復能力も低下し、老化が促進されるわけですが、細胞を修復する効果があるといわれる核酸は、加齢により体内で核酸を作り出す能力が衰えていく分、外から核酸を補うことで老化を防止する働きがあるといわれています。

カテゴリー