核酸について

核酸の名前の由来は、細胞の中の核に存在し、酸性の物質なので「核酸」と名づけられました。

核酸は、体内で作ることができるのですが、加齢により、核酸を作る力はどんどん低下していき、核酸が不足することによって老化が促進してしまいます。

細胞の分裂に大きく関わっていることから、傷の治療や病気、術後などには、核酸がより必要とされます。

また、子供の成長にも核酸は大切な働きをします。

デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)

核酸は、デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)2種類に分けられます。

デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)の働きは主に、細胞の分裂のコントロール。

私たちの体は、主にたんぱく質でできています。

リボ核酸(RNA)はたんぱく質の生成に関わっているので、私たちの体はすべて核酸がにぎっているといっても言いすぎではないのです。

デオキシリボ核酸(DNA)は、リボ核酸(RNA)がタンパク質を作るのに必要な情報が納められています。

Wikipediaによると

核酸の一種で、地球上のほぼ全ての生物において、遺伝情報を担う物質。

DNAは主に核の中で情報の蓄積・保存、RNAはその情報の一時的な処理を担う。

カテゴリー